不動産を取得したときの税金(不動産所得税)について考える ~桜森企画より~

query_builder 2022/01/07
ブログ
4966476_s

本日は、不動産を購入したときに、不動産所得税がかかりますが、いくらぐらいするのかを実際の例をみて確認したいと思います。

いつもどおりわかりやすく解説されております本がありますので、見ていきましょう。ある本では、Bさんは、令和3年8月に新築の一戸建の住まいを5,400万円で購入しました。この一戸建住宅に係る固定資産税評価額は、土地が1,800万円で建物は1,500万円です。また、建物の床面積は180㎡で、土地の面積は120㎡です。この場合、住宅および住宅用土地の軽減特例が適用されますが、不動産所得税の計算は以下の通りです。


建物 床面積:50㎡≦180㎡≦240㎡

  (1,500万円-1,200万円)×3%=9万円

         軽減額

土地

イ.1,800万円×1/2×3%=27万円

ロ.軽減額           (注)

 ィ(1,800万円×1/2÷120㎡)×200㎡×3%=45万円

  (注)180㎡×2>200㎡∴200㎡が限度

 ㇿ 4万5千円

 ㇵ ィ>ㇿ∴45万円

ハ. イ<ロ∴税額はゼロ


したがって、納める不動産取得税は、建物に係る9万円だけとなります。

今回は実際の例を見てきました。参考になる例ではなかったでしょうか。


桜森企画では大和市を中心に海老名市、座間市、綾瀬市などのお客様への有益な情報も随時提供しておりますので、お気軽にご相談ください。令和3年版あなたの不動産 税金は 令和3年6月16日第1刷発行 編集・発行:公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会 制作協力:株式会社テクノ―ト

NEW

  • 不動産投資の建て替えについてパートⅡ  ~桜森企画より~

    query_builder 2022/11/29
  • 不動産投資の建て替えについて    ~桜森企画より~

    query_builder 2022/10/31
  • 桜森企画が行った不動産投資について   ~桜森企画より~

    query_builder 2022/10/14
  • 不動産でどうしたら稼ぐことができるのか? ~桜森企画より~

    query_builder 2022/09/24
  • 競売物件を考える(その2)      ~桜森企画より~ 

    query_builder 2022/06/30

CATEGORY

ARCHIVE